大学について

沿革

昭和32年2月20日
  • 学校法人家政学園設置認可 小林倭文理事長
昭和42年1月28日
  • 文部大臣より長野家政学園長野女子短期大学設立認可 家政科・修業年限2年・定員100名
昭和42年4月1日
  • 長野市宇木本城57番地に開学(46年10月に町名変更「長野市三輪9丁目11-29」)
  • 初代学長 小林倭文
昭和43年2月19日
  • 中学校教諭家庭科2級普通免許状の授与につき文部大臣認可
昭和49年1月26日
  • 家政科の中に家政専攻、被服専攻の課程設置につき文部大臣認可
昭和49年3月7日
  • 被服専攻履修者に対し衣料管理士の資格授与認可
昭和49年4月1日
  • 「家政科」を「家政学科」と改称
昭和57年4月1日
  • 第二代学長 小林士朗就任
  • 名誉学長 小林倭文就任
昭和57年4月29日
  • 小林倭文名誉学長、「勲四等宝冠章」を授与
平成元年4月1日
  • 「家政学科」を「生活科学科」と改称
平成9年1月31日
  • 栄養士養成施設として厚生労働大臣認可
平成9年4月1日
  • 「食物栄養専攻」を設置。
    生活科学科を「生活科学専攻」(入学定員105名)と「食物栄養専攻」(入学定員45名)に分離
平成11年4月1日
  • フードスペシャリストの資格付与認可
平成15年4月1日
  • 生活福祉専攻設置(介護福祉士養成施設として認可)
平成16年4月1日
  • 健康管理士一般指導員養成施設として認可
平成17年10月1日
  • 学校教育法の一部が改正され、短期大学卒業者に「短期大学士」の学位を授与することとなる
平成18年4月1日
  • 児童福祉専攻設置(保育士養成施設として認可)
    生活科学科が「食物栄養専攻」(入学定員45名)、「生活福祉専攻」(入学定員40名)、「児童福祉専攻」(入学定員40名)の3専攻となる。
平成21年6月9日
  • 学生入学定員変更の届出(食物栄養専攻45名、生活福祉専攻30名、児童福祉専攻25名)
平成22年12月22日
  • 学生入学定員変更の届出(食物栄養専攻45名、生活福祉専攻30名)
平成23年3月24日
  • 財団法人短期大学基準協会による第三者評価の結果、「適格」と認定される
平成24年12月20日
  • 第三代学長 荻原和夫就任
平成25年4月1日
  • 中高老年期運動指導士・介護予防運動スペシャリストの資格付与を認可
平成27年4月1日
  • 第四代学長 山浦悦子就任
平成30年4月1日
  • 第五代学長 小宮山直道就任
令和3年4月1日
  • 第六代学長 小林健雄就任
戻る