大学について

3つのポリシー

本学は、自らの建学精神と教育理念に基づき、育成すべき人材像を明確にするために「卒業認定に関する方針」を定め、また、それを実現するための適切な教育課程を編成し、体系的・組織的な教育活動を行うために「教育課程の編成および実施に関する方針」を定めました。そして、本学の教育を受けるにふさわしい学生を受け入れるための入学者選抜を実施するために「入学者受入れに関する方針」を定めています。

食物栄養専攻と生活福祉専攻のこれらの「三つの方針」は次の通りです。

三つの方針(食物栄養専攻)

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

本学の教育理念、教育目的、教育目標に共感する以下のような学生を求める。

  1. 高等学校卒業程度の基礎学力を有し、自分の考えを言葉・文章として表現できる人
  2. 食べること、食事を作ること、食に関することに関心がある人
  3. 他者と良好な関係を築くことができ、基本的な生活力を持っている人
  4. 意欲的にコミュニケーションをとり、協働できる人
  5. 食生活と健康に関する専門性を、職場、家庭、地域社会の中で役立てたいと思っている人
  6. 栄養士資格取得を目標に勉学する意志がある人

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

本学が掲げる教育目標を達成するため、以下の教育課程を編成する。更に栄養士、フードスペシャリスト、健康管理士一般指導員の資格が取得できるように教育課程を編成する。

  1. 豊かな人間性、および幅広い教養を身につけるために、多様な分野から教養科目を設置する。
  2. 専門知識を身につけ、自ら考えて行動できる力をつけるために、以下の専門分野について学べる教育課程を編成する。
  3. (1)社会生活と健康 (2)人体の構造と機能 (3)食品と衛生 (4)栄養と健康 (5)栄養の指導 (6)給食の運営
  4. 講義、実験、実習、演習など、多様な授業形態で理論、技能および実践を学修する。
  5. 適性に合わせて学修計画を立ててキャリアを選択できるよう、3つの資格(栄養士、フードスペシャリスト、健康管理士一般指導員)取得に必要な科目を配置する。
  6. 表現力、思考力、コミュニケーション能力などを実践的に学ぶ地域に密着したカリキュラムを設置する。

卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

本学に2年以上在籍し、所定の単位を修得した学生は、以下の到達目標に達した者であると認定し、卒業と同時に「短期大学士」の学位を授与する。

  1. 豊かな人間性を持ち、幅広い教養と社会人としてのマナーを兼ね備えている。
  2. 食の専門家としての責任感と倫理観を持って、社会に貢献できる専門知識と技能を身に付けている。
  3. 多様な課題に対して主体的に考え、コミュニケーションを図りながら協働して活動する態度を身に付けている。

三つの方針(生活福祉専攻)

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

本学の教育理念、教育目的、教育目標に共感する以下のような学生を求める。

  1. 高等学校卒業程度の基礎学力を有し、自分の考えを言葉・文章として表現できる人
  2. 人と接することが好きで、介護福祉に関心があり、意欲的に学ぶことができる人
  3. 他者と良好な関係を築くことができ、基本的な生活力を持っている人
  4. 意欲的にコミュニケーションをとり、協働できる人
  5. 相手の立場に立って考えることができる人
  6. 介護福祉士資格取得を目標に勉学する意志がある人

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

本学が掲げる教育目標を達成するため、以下の教育課程を編成する。更に、介護福祉士国家試験の合格、中高老年期運動指導士の資格取得、および介護予防運動スペシャリストの資格取得を目指し、個別に対応できる教育課程を編成する。

  1. 豊かな人間性、および幅広い教養を身につけるために、多様な分野から教養科目を設置する。
  2. 専門知識を身につけ、自ら考えて行動できる力をつける。
    1. 加齢や疾病・障害に伴い生じる生活上の課題を、根拠に基づき考え解決する方法を理解する。
    2. 介護の専門性や人間性を高める。
    3. 知識と技術を統合化し理解を深める。
    4. 探究心・研究心を培う。
  3. 多様な授業形態で理論及び実践を学修する。
    1. 授業では、学生同士のグループワーク、グループディスカッションなどアクティブ・ラーニングを取り入れる。更に地域や施設の人達と学生が直接ふれあう体験を取り入れ、専門職としての基礎学力のみならず自ら考え理解する実践力をつける。
    2. 少人数制の科目では、個性や能力に応じた教育を行う。
    3. 介護福祉士国家試験の対策授業を行い、資格取得とキャリア形成の支援を行う。

卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

本学に2年以上在籍し、所定の単位を修得した学生は、以下の到達目標に達した者であると認定し、卒業と同時に「短期大学士」の学位を授与する。

  1. 人の尊厳を大切にする豊かな人間性をもって、他者に接することができる。
  2. 介護に関する知識や方法を習得し、主体的に考え根拠を示しながら実践できる。
  3. 利用者本位・自立支援を基本とするサービスを、総合的・計画的に提供できる能力を身につけている。
  4. 専門的な知識と技術をもとに、社会に貢献できる能力を有する。
  5. 利用者本位のサービスを提供するため、多職種協働によるチームアプローチの必要性を理解できる。
戻る