生活福祉専攻

カリキュラム

  1年前期 1年後期 2年前期 2年後期
教養科目
  信濃の風土と文化
生活と音楽Ⅰ
生活文化論Ⅰ(マナー教育)
暮らしと法律
基礎英語
情報処理演習Ⅰ
スポーツと健康Ⅰ
生活と音楽Ⅱ
生活文化論Ⅱ(マナー教育)
いのち学
情報処理演習Ⅱ
スポーツと健康Ⅱ
  情報科学
専門科目
  人間と社会 人間の理解 人間の尊厳と自立
人間関係とコミュニケーション
     
社会の理解 社会保障制度論Ⅰ 社会保障制度論Ⅱ 社会保障制度論Ⅲ  
介護 介護の基本 介護の基本Ⅰ 介護の基本Ⅱ
アクティビティケアⅠ
リハビリテーション論Ⅰ
アクティビティケアⅡ
介護の基本Ⅲ
リハビリテーション論Ⅱ
コミュニケーション技術     コミュニケーション技術Ⅰ コミュニケーション技術Ⅱ
生活支援技術 介護技術Ⅰ 家事支援
介護技術Ⅱ
介護技術Ⅲ
栄養・調理Ⅰ
栄養・調理Ⅱ
住環境
介護技術Ⅳ
介護過程 介護過程Ⅰ 介護過程Ⅱ 介護過程Ⅲ 介護過程Ⅳ
介護総合演習 介護総合演習Ⅰ 介護総合演習Ⅱ 介護総合演習Ⅲ 介護総合演習Ⅳ
介護実習 介護実習1(学外) 介護実習2(学外) 介護実習3(学外) 介護実習4(学外)
医療的ケア 医療的ケア(基本研修)   医療的ケアⅠ 医療的ケアⅡ‐1
医療的ケアⅡ‐2
医療的ケアⅢ‐1
医療的ケアⅢ‐2
こころとからだのしくみ 発達と老化の理解 発達と老化の理解Ⅰ 発達と老化の理解Ⅱ    
認知症の理解 認知症の理解Ⅰ 認知症の理解Ⅱ    
障害の理解   障害の理解Ⅰ 障害の理解Ⅱ  
こころとからだのしくみ こころとからだのしくみⅠ こころとからだのしくみⅡ こころとからだのしくみⅢ こころとからだのしくみⅣ
介護研究     介護研究 介護研究

教養科目

人として、また介護福祉士としての幅広い教養を身につけるための教育科目が設けられています。

情報処理演習
スポーツと健康
生活と音楽

専門科目

国家資格である介護福祉士及び中高老年期運動指導士・介護予防運動スペシャリストの資格取得のために必要な専門教育科目が設けられています。

生活支援技術(介護技術)
生活を支える介護技術を根拠に基づき具体的に学びます。演習を通し実践力を養います。
介護の基本
地域で生き生きと暮らす高齢者の皆さんと、時間を共有しながら。“生きがい”について学びます。
障害の理解
教室だけの授業ではなく、障害者施設での“ふれあい体験”や保護者との交流の機会をもちます。
介護過程
高齢や障害がある人が、望む「よりよい生活」「よりよい人生」を送れるように、情報を収集し、介護計画を立て、実施する方法を学びます。
介護総合演習
実習に向けての準備や振り返りの授業です。体験発表やグループワークを通し、互いの体験を共有することで介護職への自覚が高められます。
生活支援技術(家事支援)
利用者を主体にした具体的な家事支援の方法や居住環境の整備について学びます。
生活支援技術(住環境)
家庭の生活支援の技術について学び、階段のスロープの高さや浴槽の深さに至るまで介護の現場を住環境の視点から学びます。
生活支援技術(栄養・調理)
食生活のあり方、調理法、献立作成、食材の選び方、安全な食事のための留意点などを学びます。
資格取得講座
中高老年期運動指導士・介護予防運動スペシャリストの資格取得をめざし、人々の健康・体力づくりや介護予防に必要な運動指導の知識・技術を学びます。
医療的ケア
喀痰吸引・経管栄養の医行為を安全・確実に行うための知識と技術を学びます。1年次は清潔・不潔の徹底や心肺蘇生法の演習など、2年次の実習の基本となることを学びます。
介護研究
2年次には専門性を高めるため「介護研究」を行います。担当教員の指導のもと、学外介護実習の事例について関心のある内容を深め、論文にまとめて、「介護事例発表会」を開催しています。
生活支援技術(介護技術)
医療的ケア
介護研究

1・2年合同授業

介護現場で働く卒業生を招いて、仕事に対する思いなどの話を聞いたり、日赤長野支部の協力を得て災害時の介護を考える機会を、1・2年生合同で楽しく学びます。

炊き出し訓練
災害時の介護(避難所体験ゲーム)
卒業生と語る会

学外授業

地域で活動する高齢者や障がい者とのふれあい体験授業を行っています。

老人福祉センターのサークル活動参加
聴覚障害者との交流
聴覚障害者との交流

就職ガイダンス(1・2年次)

1年次より就職活動の心構え「エントリーシート・履歴書・志望動機・自己PR」の記入方法指導や面接練習など、専任職員が適切なアドバイスを行っています。

戻る