食物栄養専攻

専攻の特徴

食生活と健康に関する専門知識と技術を養い、実践力を育成

人生100年時代、生涯健康で輝く生活を送るために、「食」は生活に欠かせない大切な要素のひとつです。食物栄養専攻では、「食生活と健康」に関する専門性を高め、実践力を身につけ、次世代のための豊かな食環境の創造をも目指しています。

3つの資格取得が可能

2年間で以下の資格取得(3種類)が可能です。
詳しくはこちらをご覧ください。

取得可能な資格

  • 栄養士免許
    ※国家資格
  • フードスペシャリスト資格
    ※(社)日本フードスペシャリスト協会
  • 健康管理士一般指導員資格
    ※特定非営利活動法人日本成人病予防協会

就職率100%の実績(令和2年度)

栄養のプロフェッショナルとしての知識、教養を身に着け、卒業後は多方面での活躍が目指せます。

主な就職先

  • 病院/医院
  • 保育所
  • 福祉施設
  • 給食受託会社
  • 食品メーカー
  • 自治体
  • 一般企業
  • 進学

教育目標

  1. 幅広い教養、食物栄養に関する専門知識及び技術を身につけ、優れた実践力を育成する。
  2. 人の尊厳を大切にする豊かな人間性と食物栄養の専門職としての責任感・倫理観を育成する。
  3. 社会の変化に適用でき、女性の視点で地域社会に貢献し、その発展に寄与できる人材を育成する。
  4. 主体的に考え行動し、幸福な人生を自ら切り開いていく自立した態度と意欲を養う。

3つのポリシー

長野女子短期大学では、自らの建学精神と教育理念に基づき、専攻ごとに「三つの方針」を定めました。
生活科学科 食物栄養専攻の各方針の詳細は「3つのポリシー」をご覧ください。

戻る