食物栄養専攻

取得できる資格

2年間で栄養士、フードスペシャリスト、健康管理士一般指導員の3つの資格取得が可能です。

栄養士

健康を守る栄養士

私たちは「食べる」ことで生命をつないでいます。生命の源である「食物」の栄養価、成分、物性はもちろん、消化、吸収、代謝など、身体の仕組みを総合的に学び、調理方法の指導や、望ましい摂取の方法を日常の食生活に提案する栄養士を育成します。さらに、病気を予防する食事、食品の安全性など、健康や衛生面についても学びます。

取得免許
栄養士免許 ※国家資格
取得条件
既定の単位を取得できた学生には、卒業後本人の申請により「栄養士免許」が与えられます。

フードスペシャリスト

生活を豊かにする「食」のアドバイザー

食の本質が「おいしさ」「楽しさ」「もてなし」であることを、講義や演習を通して学び、さらに、各食品の特性や機能性、製造過程、製品開発、流通などについて専門的知識を深めます。多様性・高度化する消費者のニーズに応え、快適な食卓を提案できる力をもつ「食」専門職のフードスペシャリストを育成します。

取得資格
フードスペシャリスト資格 ※(公社)日本フードスペシャリスト協会
取得条件
必修科目の単位を取得し、認定試験に合格すると、卒業と同時に「フードスペシャリスト資格認定証」を取得できます。

健康管理士一般指導員

健康管理を多方面からサポート

健康管理、予防医学、栄養、メンタルヘルス、運動など「一次予防のための正しい知識」を幅広く学習します。高齢化とライフスタイルの変化等による生活習慣病の増加は今や社会問題にもなっています。健康管理や予防医学の知識を身につけ、自分の健康を守るとともに、家庭、地域、職場などでもその知識を生かせるような人材を育成します。

取得資格
健康管理士一般指導員資格 ※(特定非営利活動法人)日本成人病予防協会
取得条件
必修科目の単位を取得し、認定試験に合格すると、卒業と同時に「健康管理士一般指導員認定証」を取得できます。
戻る